社会生活を破綻させる恐ろしい双極性障害|見識を広げて病改善

3人の看護師

不完全な治療のリスク

笑顔の男性医師

通常の鬱病とは異なり、双極性障害は誤診がされやすい精神病とされています。通常の鬱病とは治療方法が異なるため、いつまで経っても治療によって症状が改善されない場合は、双極性障害を疑う必要があるでしょう。鬱病として診察を受けた16パーセントの人が、実際には双極性障害であったとするデータもあるので、診察を受ける前に鬱病か双極性障害かを調べておくとよいでしょう。双極性障害が誤診されやすい原因として、鬱状態に入っている時に診察を受ける人が多いという点にあります。双極性障害を判断する基準は、鬱病とは異なる躁状態が見られるかどうかがポイントです。しかし、気分が高揚している躁状態で診察を受ける人は少ないので、診察に来た段階では鬱病との違いを見つけにくいのです。医師からの問診により、鬱状態から抜けた際の気分のよさや、鬱状態以外の状況で行なった行動や周りの反応などを詳細に伝えることで双極性障害だと判断できます。些細なことでも詳細に医師へと伝えることで、正しい治療を受けられるでしょう。

誤診によって双極性障害の治療が遅れた場合、さまざまな弊害が現れるようになります。通常の鬱病とは違い、躁状態によって活動的になることが特徴である双極性障害は、躁状態と鬱状態が交じり合う混合状態となる場合があります。鬱特有の気分の落ち込みや自殺願望に加え、躁状態の衝動性が混じることで、自殺によるリスクが高まる可能性もあるのです。最悪の場合命を失う病となるため、何よりも正しい治療が必要となります。双極性障害の治療は長い期間が必要となるため、中には治療効果を疑い途中で治療を止めてしまう人も多いものです。精神病治療のために処方される薬は、精神への影響が強いため、依存性の高さや副作用の問題がしばしばやり玉に挙げられます。治療薬によって逆に精神が破壊されるという風聞もあるため、治療を自主的に切り上げてしまう人はいるものです。しかし、勝手な判断で治療を止めてしまうと、双極性障害が再発するばかりか、症状が重篤化する可能性もあるため注意が必要です。鬱病や双極性障害は、気分の落ち着きが現れる寛解期と呼ばれる時期があります。この時期に入ることで、心身や生活の立て直しを図ることができますが、治療を途中で断念することで病が再発した場合、この寛解期が短くなる場合があるのです。これは専門用語でラピッドサイクリングと呼ばれる症状であり、双極性障害の場合ですと一年の間に何度も鬱と躁状態を何度も繰り返す事態となります。まともな生活が送れなくなるばかりか、寛解期が短くなることで治療を行なうことも困難となるため、再発を防ぐために治療を勝手に切り上げることは避けましょう。